Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員専用サイトに不正アクセス、個人情報5000件が流出 - ベリタス

バイオテクノロジー製品のマーケティング事業を展開するベリタスは、会員専用サイトが不正アクセスを受け、登録会員情報5041件が流出した可能性があることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、メールニュースやカタログ、学会資料の請求などのサービスを提供している会員向けサイト。

3月13日に不正アクセスの痕跡を確認したため、調査を実施したところ、同月10日0時半過ぎからから1時過ぎにかけて、中国を発信元とする不正アクセスを受けていたことが判明したという。

SQLインジェクションの脆弱性により会員の管理画面へ不正アクセスされており、これにより5041件の会員情報が漏洩した可能性がある。氏名、住所、電話番号、所属組織名、メールアドレス、ログインパスワードなどが含まれる。

今回の不正アクセスを受けて同社では、ウェブサイトの脆弱性を修正。対象となる会員にメールで個別に連絡を取っている。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致