Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むファイルを院生が第三者にメール送信 - 浜松医大

浜松医科大学は、大学院医学系研究科の大学院生が、患者の個人情報含むファイルを、誤って無関係の第三者にメール送信していたことを明らかにした。

3月4日、同院生が研究会での発表に使用するため、患者の個人情報含むExcelファイルを個人のPCに保存して学外に持ち出したが、翌5日に研究会で代わりに発表することになった別の大学院生にファイルをメール送信したところ、誤って第三者へ送られたという。

誤送信したファイルには、患者115人の氏名、性別、年齢、ID、喫煙歴、治療情報などが記載されていた。これらデータに匿名化や暗号化といったセキュリティ対策は取られていなかった。

誤送信先には、同日中にファイルの削除を依頼し、削除を実施したという返信を確認。対象となる患者には、個別に説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2014/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報の印字に利用したインクリボンが所在不明 - 中電病院
患者情報含むデジタルカメラが所在不明 - 兵庫県立がんセンター
新型コロ患者情報、コンビニ複合機に置き忘れ - 神奈川県
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
なりすまし医師に患者の電話番号を漏洩 - 札幌医科大
なりすまし医師から電話、患者の携帯番号伝える - 福島県立医科大病院
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
患者情報が盗難被害に - 淀川キリスト教病院
患者情報含む私物USBメモリが所在不明 - 広島市
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など