Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

透かし埋め込みソフト「紙の番人」が帳票ソリューションとの連携に対応

日立公共システムが販売する透かし埋め込みソフト「紙の番人」が、日立製作所の帳票ソリューションとの連携に対応した。

「紙の番人」は、印刷する文書に透かしや地紋を埋め込むことができるソフトウェア。普通紙に対応するほか、透かしや地紋を自由にデザインすることができる。また透かしや地紋を埋め込んだPDFファイルの作成にも対応している。

従来の単体利用にくわえ、今回あらたに日立製作所の「帳票ツール uCosminexus EUR V9」との連携に対応したもの。出力する帳票に透かしや地紋を埋め込んだたり、印刷者氏名を強制印字することが可能となった。

(Security NEXT - 2014/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も