Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

透かし埋め込みソフト「紙の番人」が帳票ソリューションとの連携に対応

日立公共システムが販売する透かし埋め込みソフト「紙の番人」が、日立製作所の帳票ソリューションとの連携に対応した。

「紙の番人」は、印刷する文書に透かしや地紋を埋め込むことができるソフトウェア。普通紙に対応するほか、透かしや地紋を自由にデザインすることができる。また透かしや地紋を埋め込んだPDFファイルの作成にも対応している。

従来の単体利用にくわえ、今回あらたに日立製作所の「帳票ツール uCosminexus EUR V9」との連携に対応したもの。出力する帳票に透かしや地紋を埋め込んだたり、印刷者氏名を強制印字することが可能となった。

(Security NEXT - 2014/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正