Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ミクシィで約1万7000件の不正ログイン被害 - 「mixiボイス」に不正投稿

ミクシィは、同社ソーシャルネットワーキングサービス「mixi」の一部利用者において、不正ログインの被害が発生したことを明らかにした。

同社によれば、2月28日2時45分ごろから14時ごろにかけて、第三者が利用者になりすます「不正ログイン」が発生したという。被害に遭ったIDは1万6972件にのぼり、「mixiボイス」において利用者以外による不正な投稿が行われた。

同社は、悪用されたアカウント情報について同社経由の漏洩を否定。他社サービスで流出した情報が用いられたパスワードリスト攻撃であると見られている。

同社では、攻撃者によるアクセスを制限し、不正投稿を削除。不正ログインが発生したユーザーへパスワードの変更を要請した。また利用者に対し、パスワードの使い回しを避けるなど、メールアドレスやパスワードについて厳重に管理するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
不正アクセスでスパム踏み台に - 三芳町社会福祉協議会
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加