Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「P-Pointer」と「Logstorage」が連携、個人情報含むファイルへのアクセスログを集中管理

レピカは、同社のファイルサーバ向け個人情報検出ソフト「P-Pointer EXA」が、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」の連携に対応したと発表した。

「P-Pointer EXA」は、ファイルサーバ内の個人情報ファイルを検出するソフト。統合ログ管理システム「Logstorage」と連携することで、ファイルサーバ上で保管されている個人情報ファイルに対するアクセスログのみを抽出し、集中的に管理することが可能になった。

具体的には、ファイルサーバ上の個人情報ファイルへのアクセス履歴取得や、個人情報ファイルのフォルダ別、種類別、時系列などによる分析、個人情報ファイル数やアクセス回数などの定期的なメール通知といった連携機能を提供する。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ