Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「P-Pointer」と「Logstorage」が連携、個人情報含むファイルへのアクセスログを集中管理

レピカは、同社のファイルサーバ向け個人情報検出ソフト「P-Pointer EXA」が、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」の連携に対応したと発表した。

「P-Pointer EXA」は、ファイルサーバ内の個人情報ファイルを検出するソフト。統合ログ管理システム「Logstorage」と連携することで、ファイルサーバ上で保管されている個人情報ファイルに対するアクセスログのみを抽出し、集中的に管理することが可能になった。

具体的には、ファイルサーバ上の個人情報ファイルへのアクセス履歴取得や、個人情報ファイルのフォルダ別、種類別、時系列などによる分析、個人情報ファイル数やアクセス回数などの定期的なメール通知といった連携機能を提供する。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険