Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月のフィッシング報告件数、1400件超 - 過去最悪を更新

フィッシング対策協議会は、2013年12月のフィッシング報告状況について取りまとめた。オンラインゲームにくわえ、11月から増加している金融機関関連のフィッシング攻撃がさらに勢いを増しているという。

12月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1412件。過去最悪を記録した11月の962件を450件と大きく上回り、記録を更新した。

急増のおもな原因は、オンラインゲームや金融機関を装ったフィッシング攻撃の増加。楽天銀行や三菱東京UFJ銀行など、特に金融機関関連のフィッシングが11月から急伸している。そのほか、クレジットカード会社やISPのウェブメール、ポータルサイトを騙るフィッシングサイトも発生した。

フィッシングサイトのユニークURL件数も、11月より131件増の360件。フィッシングに悪用されたブランド件数も17件となり、前月より6件増加している。

(Security NEXT - 2014/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減