Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「正規品ソフト偽装」にMSが警鐘 - 大手ECサイトの店舗にも注意を

まもなくインターネット通販などの利用が増える年末年始を迎えるが、大手オンラインショッピングモールの店舗からソフトを購入したにも関わらず、「インストールできない」「動作しない」といったトラブルが発生しており、注意が必要だ。

こうしたトラブルは、日本マイクロソフトが注意を呼びかける「非正規品」が原因。同社によれば、「Windows」や「Office」の非正規品を購入した顧客から「インストールできない」「動作しない」「返品できない」といった問い合わせが寄せられている。

特に深刻なのは、大手Eコマースサイトへ出店している悪質な業者を通じて購入してしまうケース。「有名なサイトで売られているから大丈夫」と非正規品であることに気が付かず購入し、被害に遭うケースが、あとを絶たないという。

誤って非正規品を購入した場合、当然ながら正規品のサポートは受けられない。また販売した店舗が返金や返品に応じないこともあるという。さらに利用できないだけでなく、販売されたプログラムにマルウェアが混入していた例も確認されており、個人情報が盗まれるといったセキュリティ上の問題もあると同社は警鐘を鳴らしている。

同社は、WindowsやOfficeを購入する際、家電量販店や正規代理店、同社オンラインストアを通じて購入するよう呼びかけている。同社がまとめた「買ってはいけない」オンラインショップの特徴は、以下のとおり。

「買ってはいけない」オンラインショップ10の特徴

  • DVDメディア付きのOfficeが販売されている
  • パソコンに同梱されているDVDを単品として販売している
  • 「認証保証」などとうたっている
  • 「100%正規品・本物」などと強調している
  • 他言語版と称した製品を販売している
  • OEM版、DSP版と称したOfficeを販売している
  • 「国内より発送するので安心!」などとうたっている
  • 「メールでプロダクトキーやダウンロード先のリンクを送るので送料無料」などと説明している
  • レビュー欄に、絶賛するコメントが書き込まれており、同じ文面が他商品のレビュー欄にもある
  • 法人向け製品「Office Professional Plus」や日本未発売の「Office Home and Student」を小売りしている

(Security NEXT - 2013/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も
ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕