Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、バックアップ運用管理基盤ソフトを発表 - VMware向け製品も用意

日本IBMは、バックアップ管理ソフトの「IBM Tivoli Storage Manager」の新版を発表した。VMware仮想環境向けソフトも用意している。

同製品は、データのバックアップやリストアを自動化し、ストレージを一元管理できるソリューション。最新版となる「同7.1」では、管理者インターフェース「Tivoli Storage Manager Operations Center」からバックアップサーバの操作が可能。サーバーやクライアントの設定変更やクライアントの追加登録などが行える。

さらにデータのバックアップだけでなく、ストレージプールや管理情報のバックアップに対応したほか、リストア時にバックアップサーバを切り替える自動フェールオーバー機能を追加している。

また仮想環境におけるバックアップの運用管理を支援するソフトウェアの新版「IBM Tivoli Storage Manager for Virtual Environments V7.1」もあわせてリリースした。

最新版では、バックアップデータを実際にリストアせず検証できる「インスタント・アクセス機能」、業務サーバの障害時にバックアップデータへ仮想的にアクセスすることで即時復旧を可能にする「インスタント・リストア機能」を追加した。

価格は「IBM Tivoli Storage Manager V7.1」が8996円から。「IBM Tivoli Storage Manager for Virtual Environments V7.1」が4662円から。

(Security NEXT - 2013/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
NECPF、外食産業のPOS向け「稼働監視サービス」
暗号化などセキュリティ面を強化したバックアップソフト - プロトン
NTTデータ先技、Oracle製品向け一次保守サービスを提供