Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ、ネットバンク狙うマルウェアに特化した対策ソフトを無償配布

三菱東京UFJ銀行は、オンラインバンキングのIDやパスワードを狙うマルウェア対策に特化したソフト「Rapport」の無償配布を、12月15日より開始する。

Trusteerのオンラインバンキング専用ウイルス対策ソフト「Rapport」を無償で配布するもの。同ソフトは、オンラインバンキングを狙うウイルスを検知、駆除するとともに、通信内容やキーボードの入力内容を保護する。

マルウェア感染により、オンラインバンキングのIDやパスワードが窃取され、他人名義の銀行口座への不正送金される被害が多発していることから、被害を低減するため導入を決めた。国内で同ソフトを配布する金融機関は同行がはじめてだという。

同行オンラインバンキングのウェブサイトから無償でインストールできる。対応OSはWindowsとMacで、スマートフォンは未対応。他社ウイルス対策ソフトとの併用を推奨しているが、一部ソフトとは併用できない場合もある。

(Security NEXT - 2013/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【特別企画】企業が「IoT」を活用する際、何に注意すべきか - JSSEC後藤氏
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
サイト改ざんやマルウェア感染を通知するサービス - デジタルアーツ
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
「Windows 8」以降で本来の脆弱性保護が発揮できないケースが判明 - 「EMET」などが裏目に
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布