Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Active! mail」利用者狙ったフィッシング攻撃が発生

トランスウェアのウェブメールソリューション「Active! mail」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。同社やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

トランスウェアによれば、利用者を狙った攻撃は10月より発生しており、12月に入りあらたな攻撃の手口が確認された。10月ごろより出回っているメールでは、メールボックスの保存容量がオーバーしたことを警告するメールを装い、送りつけられていた。

最近あらたに確認されたメールでは、ナイジェリアから認識されていないデバイスでログインの試行が行われたなどと騙す手口。あたかも海外から攻撃を受けたかのように説明して不安を煽り、偽サイトへ誘導。情報を騙し取る。

いずれのメールも機械翻訳を用いたとみられ、不自然な日本語や表現が目立ち、日本語を母国語としない者の犯行と見られる。確認されたフィッシングサイトは、すでに停止しているが、類似したサイトが公開されるおそれがある。

製品を提供しているトランスウェアは、誤ってリンクへアクセスし、情報を入力したり、送信元へ返信しないようアナウンスしている。またフィッシング対策協議会では、同製品が大学などで活用されており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大