Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Active! mail」利用者狙ったフィッシング攻撃が発生

トランスウェアのウェブメールソリューション「Active! mail」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生している。同社やフィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

トランスウェアによれば、利用者を狙った攻撃は10月より発生しており、12月に入りあらたな攻撃の手口が確認された。10月ごろより出回っているメールでは、メールボックスの保存容量がオーバーしたことを警告するメールを装い、送りつけられていた。

最近あらたに確認されたメールでは、ナイジェリアから認識されていないデバイスでログインの試行が行われたなどと騙す手口。あたかも海外から攻撃を受けたかのように説明して不安を煽り、偽サイトへ誘導。情報を騙し取る。

いずれのメールも機械翻訳を用いたとみられ、不自然な日本語や表現が目立ち、日本語を母国語としない者の犯行と見られる。確認されたフィッシングサイトは、すでに停止しているが、類似したサイトが公開されるおそれがある。

製品を提供しているトランスウェアは、誤ってリンクへアクセスし、情報を入力したり、送信元へ返信しないようアナウンスしている。またフィッシング対策協議会では、同製品が大学などで活用されており、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加