Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、無償で利用できるウェブアプリ脆弱性検査ツールの特徴を解説

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトの脆弱性検査に利用できるオープンソースツールのレポートを取りまとめ、公開した。

今回公開した資料「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ウェブアプリケーション編)」は、ウェブサイトの脆弱性を検査するためのツールを紹介したレポート。同機構サイトよりダウンロードできる。

脆弱性が攻撃を受け、改ざん被害が生じるケースが多発しているものの、予算を捻出できず安全性を確認しないままウェブサイトを提供しているケースがあるとして、無料で気軽に活用できるオープンソースのツールについて解説する同書を取りまとめた。

検出精度や検査方法、利用者側に求められるスキルなど、ツールごとに特徴があることから、7種類のうち3種類のツールをピックアップ。概要や使い勝手など解説している。

取り上げたツールは、自動的にウェブサイトを巡回し、検査結果をレポートしてくれる「OWASP ZAP」、ローカルプロキシとして動作し、パラメータ値を手動で変更して検査する「Paros」、同じくローカルプロキシとして動作するが、ウェブサイトを巡回するだけで脆弱性を検出できる「Ratproxy」。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大