Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、無償で利用できるウェブアプリ脆弱性検査ツールの特徴を解説

情報処理推進機構(IPA)は、ウェブサイトの脆弱性検査に利用できるオープンソースツールのレポートを取りまとめ、公開した。

今回公開した資料「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ウェブアプリケーション編)」は、ウェブサイトの脆弱性を検査するためのツールを紹介したレポート。同機構サイトよりダウンロードできる。

脆弱性が攻撃を受け、改ざん被害が生じるケースが多発しているものの、予算を捻出できず安全性を確認しないままウェブサイトを提供しているケースがあるとして、無料で気軽に活用できるオープンソースのツールについて解説する同書を取りまとめた。

検出精度や検査方法、利用者側に求められるスキルなど、ツールごとに特徴があることから、7種類のうち3種類のツールをピックアップ。概要や使い勝手など解説している。

取り上げたツールは、自動的にウェブサイトを巡回し、検査結果をレポートしてくれる「OWASP ZAP」、ローカルプロキシとして動作し、パラメータ値を手動で変更して検査する「Paros」、同じくローカルプロキシとして動作するが、ウェブサイトを巡回するだけで脆弱性を検出できる「Ratproxy」。

(Security NEXT - 2013/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース