Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソリューションズ、無許可の無線LAN接続を制限する「秘文AE APC」を発売

日立ソリューションズは、Windows端末における無線LAN接続を制御する「秘文AE AccessPoint Control」を11月29日に発売する。

同製品は、組織が許可したWi-Fiのみ利用できるよう制御できるセキュリティソリューション。接続先として許可したアクセスポイントのみを表示し、無許可のアクセスポイントへの接続を制限する。

管理者がクライアントPC単位で設定することが可能。公衆無線LANや個人所有の無線ルーター、スマートデバイスによるテザリングなど、無許可のインターネット接続を禁止できる。

またアクセスポイントのなりすまし対策として、接続先が組織内部のネットワークであるかチェックすることが可能。「なりすまし」のアクセスポイントに接続することを防止する。

さらに「秘文Server Basic」と「秘文AE Information Fortress」をあわせて利用することにより、ネットワーク利用状況をログで確認することが可能。無許可のネットワーク経由で接続が行われていないか確認できる。1ライセンスあたりの価格は、3150円。

(Security NEXT - 2013/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業