Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

債権者に必要以上の顧客情報を開示 - 朝日生保

朝日生命保険は、公的機関などの債権者が差押えた保険契約の支払請求手続きにおいて、不要な個人情報の開示が行われていたことを公表した。

同社の顧客370人について、債権者が差押えた保険契約の支払請求手続きの際に、債権者に対する不要な個人情報の開示が行われていたもの。

開示先が国や地方公共団体などのケースが288件。のこり82件は公的機関以外の債権者が開示先となっていた。契約者や受取人の電話番号、保険料振替口座、積立金残高、払込保険料などの情報が含まれる。

契約者などの個人情報があらかじめ印字された一般顧客用の支払請求書を、債権者からの支払請求の際にも使用していたことが原因だという。

現在は債権者からの支払請求手続きについては、請求書へ不要な個人情報を印字しないよう変更した。対象となる顧客には、謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2013/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス被害の住宅金融支援機構関連サイト、約3カ月ぶりに再開
GMO-PGが情報流出で調査報告 - 「脱Struts宣言」するも再構築まで至らず
GMO-PG、情報流出で重複分除く件数を公表 - クレカ不正利用は未確認
住宅金融支援機構のクレカ情報流出、セキュリティコードはサイト利用者のみ影響
住宅金融支援機構の関連サイトでクレカなど個人情報が流出 - セキュリティコードも
顧客情報入りCD-ROMの誤送付を公表 - イオン銀
契約者情報75万件を紛失 - 三井住友海上あいおい生命
顧客情報3000件含む帳票が所在不明 - 第一生命子会社
顧客情報入りマイクロフィルムが所在不明 - 第一生命
保険募集人情報2270件を誤送信 - メットライフ生命