Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SCSKとアラクサラ、ウェブ認証にMACアドレス認証を追加したソリューション

SCSKとアラクサラネットワークスは、不正端末の接続を防止する認証連携ソリューションを共同で開発した。SCSKが提供する。

同ソリューションは、SCSKのアプライアンス型認証サーバ「RADIUS GUARD」と、アラクサラのネットワークスイッチ「AXシリーズ」の認証連携を実現したもの。「ID」と「パスワード」によるウェブ認証と、利用端末のMACアドレスをチェックするMAC認証により不正端末の接続を防止する。

「AXシリーズ」のウェブ認証画面入れ替え機能により、「ID」と「パスワード」の入力用フォームと「RADIUS GUARD」へのリンクを表示。未登録の端末がネットワークにアクセスした際には、「RADIUS GUARD」のアカウント申請ワークフローの申請画面に誘導する。

利用者は登録情報と端末のMACアドレスを申請し、管理者は申請を承認するだけでアカウント情報がすぐに反映される。MACアドレスの自動入力機能により、利用者は確認方法がわからなくても簡単に申請できる。

一度ログインすると利用端末のMACアドレスを自動的に登録。ネットワークスイッチをまたいだ環境を移動するローミングや、端末スリープなどでネットワーク接続が切断された場合でも、再度ログインする必要がないなど利便性が向上した。

(Security NEXT - 2013/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立