Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

謝罪メールにメルマガ会員のメルアドが混入 - ボートレース若松

若松モーターボート競走場が、メールマガジン会員向けにメールを送信した際、プログラムミスにより会員のメールアドレスが混入する事故が発生した。

北九州市によれば、10月8日にメールマガジンの会員1353人に、他利用者のメールアドレスを含む「配信解除リンク」を記載したメールを誤って送信してしまったという。

20131011_kk_001.jpg
メールアドレスを含む配信解除リンクが末尾に追加されて送信されたメール

同日、メールマガジンの会員に対し、レース開催を中止することを案内するメールを送信したが、そのメールに一部に関係ないコンテンツが混入。プログラムを修正して謝罪するメールを送信したが、そのプログラムにミスがあり、メールアドレスが記載された状態で送られた。

同市では、メールを受信する会員に対してメールで謝罪。誤って送信したメールの削除を依頼した。流出したメールアドレスの悪用被害などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2013/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市