Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドビに不正アクセス、顧客のアカウント情報が漏洩 - クレカ情報290万件も被害か

アドビシステムズは、同社ネットワークが不正アクセスを受け、ユーザーのIDやパスワードのほか、約290万件のクレジットカード情報、「ColdFusion」のソースコードなどが流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、同社セキュリティチームがモニタリング中に不審な動作を発見し、不正アクセスに気が付いたもので、現時点では同社システム上にある同社製品のユーザーIDとパスワードが、不正アクセスを受けたことが判明している。

20131004_as_001.jpg
アドビシステムズでは、パスワードの変更を呼びかけている

さらに顧客約290万人分の氏名やクレジットカードまたはデビットカードの番号、有効期限、注文情報についても流出した可能性がある。カード番号は暗号化されており、復号化された形跡は見つかっていない。

また同社製品「ColdFusion」のソースコードや、ほかの同社製品が不正アクセスを受けた可能性もあるとして調査を行っているが、「ColdFusion」の利用者においてリスクが高まることはないとしている。

同社では、「Adobe IDアカウント」をリセットし、パスワードを変更する方法についてアナウンスを行っているほか、クレジットカードやデビットカードの情報が流出した可能性のある顧客に通知を行っている。

同社ではユーザーに対し、引き落としの銀行口座やクレジットカードが不正利用されていないか確認することや、ほかのサイトやサービスで同じIDとパスワードを使い回しを行っている場合はただちに変更するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
新卒採用アカウントに不正アクセス、スパム送信や個人情報流出など - ダイドードリンコ
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
農業求人サイトに不正アクセス、情報流出の可能性 - スパムや不審郵便物届く
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
Q&AサイトのQuoraに不正アクセス - 利用者情報1億件が流出か