Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESET、Macに感染するルートキットの検出ツールを公開

ESETは、Mac OS Xで動作する「ルートキット」を検知するツール「ESET Rootkit Detector」のベータ版を公開した。

同ツールは、Mac上で動作するルートキットに感染しているか確認できるアプリケーション。ベータ版として公開されているもので、現在「OSX/Morcut.A」に対応している。

Mac OS X上で動作する「ルートキット」はごく少数だが、Mac利用者の増加にともない、脅威も増加することが予想されるとして、同社では同ツールを開発したという。

アプリケーションは、ESETのウェブサイトよりダウンロードすることが可能。英語版のみとなる。

(Security NEXT - 2013/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Dirty COW」判明から約1年、初の対Android攻撃 - 危険なアプリが30万件以上
モバイル端末を狙った不正アプリが200万超え - 今後の動きに警戒を
ソフォス、定義ファイルを使用しないマルウェア対策ソフト - 「セカンドオピニオン」利用も可
「ルートキット」知らないユーザー9割超 - IPA意識調査
ワイアレスマウスに「MouseJack」の脆弱性 - 遠隔操作のおそれ
国際作戦でボットネット「Beebone」をテイクダウン
国際会議「CODE BLUE」の全セッションが決定 - IoTやモバイル、Macなども
UEFIの実装に用いる「EDK2」に脆弱性 - ルートキット混入やセキュアブート回避のおそれ
「Blackhole」関連の脅威が依然活発、JREのアップデートを - マカフィー調査
ルートキット機能を備える「Sirefef」の国内感染が拡大 - ESETが観測