Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

朝日新聞とベネッセの「語彙・読解力検定」サイトに不正アクセス

朝日新聞社とベネッセコーポレーションが共同で展開する「語彙・読解力検定」のウェブサイトが、不正アクセスを受け、改ざんされていたことがわかった。

改ざんの時期や規模、影響の範囲などはわかっておらず、両社はウェブサイトを閉鎖し、原因や影響の範囲など詳細について詳しく調べている。

またウェブサイトの利用者に対し、ウイルス感染のおそれがあるとして、スキャンを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明
ロック系ファッション通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面に誘導
特急運行情報サイトが改ざん、情報詐取する外部サイトに誘導 - JR西
宅建業者情報提供システムが3カ月半ぶりに再開 - 東京都
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
「国際日本研究」コンソーシアムのサイトが改ざん - 無関係の商品ページ設置される