Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OSより仮想でマルウェア検知する「McAfee Deep Defender」がサーバ対応

マカフィーは、最新版となる「McAfee Deep Defender v1.6」を提供開始した。同バージョンでは、サーバOSをあらたにサポートしている。

「Deep Defender」は、インテルとマカフィーが共同で開発したセキュリティソリューション。OSより下の階層でCPUやメモリを監視。OS上で動作するアプリケーションと連動してヒューリスティック型検出エンジンにより、ルートキットなどステルス型の攻撃を検知、修復できる。

最新版では、「BIOS監視機能」を搭載。BIOSに対する不正アクセスの監視に対応し、レポートとして提供することが可能となった。

さらに最新版では、Intel Xeon E3、E5、E7シリーズ上で動作する「Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1」をサポートした。またクライアント版についても、「Windows 8」へあらたに対応している。

11ライセンスより提供し、1ライセンスあたりの価格は4273円から。次年度以降のサポート料金が別途必要。またラインナップとして「McAfee Complete Endpoint Protection - Enterprise」「McAfee Complete Endpoint Protection - Business」を用意している。

(Security NEXT - 2013/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織内部で隠密活動するマルウェアを検知するAI技術 - 富士通研
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
サイバーエージェント、アフィリエイト広告の不正検知にAI活用
トレンドと日立ソ、マルウェア感染端末を遮断するソリューション
クオリティア、メールソリューションに添付ファイルの画像化オプション
トレンド、SDN連携で攻撃への初動対応を自動化するソリューション
シマンテック、攻撃者の動機や正体なども含めた脅威情報サービス