Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本レコード協会、ISP16社にユーザー情報を開示請求

日本レコード協会(RIAJ)は、会員レコード会社がインターネットプロバイダ16社に対し、音楽ファイルを無断で公開した利用者の情報開示を請求したと発表した。

「Cabos」や「Limewire」を通じて音楽ファイルを許可なく配信し、著作権を侵害したとして、「プロバイダ責任制限法」に基づき、25人の利用者情報の開示を6月と7月に求めたという。

ファイル共有ソフト「Cabos」の利用者が4月に逮捕されているほか、会員レコード会社では、これまでにも情報開示を受けた31人から反省文や誓約書の提出や、損害賠償金の支払いにより和解している。

同協会では会員レコード会とともに、引き続きファイル共有ソフトを利用した権利侵害に対して積極的な活動を展開していくという。

(Security NEXT - 2013/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海賊版対策で啓発漫画16作品を順次公開 - 経産省
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
海賊版サイトリーチサイト運営者に損害賠償請求 - 講談社
音楽関係団体ら、無許諾音楽アプリの対策強化をAppleに要請
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か