Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによりウェブサイトの改ざんが発生 - 日本食品化工

日本食品化工のサイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染するおそれのあったことがわかった。

改ざん被害が発生したのは、同社サイトのトップページをはじめ、IRや採用ページなど。7月3日19時21分から6日7時21分までの間、改ざんされた状態に陥り、対象となるページへアクセスすると、ウイルスがパソコンに感染する可能性があった。

同社では、すでに改ざん部分の修復を終えており、サイトを運営を再開。期間中の利用者に対し、ウイルス感染の確認や駆除などを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
「Microsoft Windows Codecs Library」に複数脆弱性 - 定例外で更新