Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスによりウェブサイトの改ざんが発生 - 日本食品化工

日本食品化工のサイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染するおそれのあったことがわかった。

改ざん被害が発生したのは、同社サイトのトップページをはじめ、IRや採用ページなど。7月3日19時21分から6日7時21分までの間、改ざんされた状態に陥り、対象となるページへアクセスすると、ウイルスがパソコンに感染する可能性があった。

同社では、すでに改ざん部分の修復を終えており、サイトを運営を再開。期間中の利用者に対し、ウイルス感染の確認や駆除などを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
中学校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 尾道市
再エネ事業者への出力制御指示メールが迷惑判定で未達に - 九電
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
開発途中の情報サイトが閲覧可能に、個人情報も - 滋賀県
NZ銃乱射事件に便乗するマルウェア拡散やフィッシング詐欺に注意を
CMSの「Joomla」に複数脆弱性、アップデートがリリース
レンサバWAFの攻撃検知状況、半数超が「SQLインジェクション」
標的型攻撃が「Slack」や「GitHub」を悪用 - コード入手やコマンド実行の通知手段に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化