Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、BYOD導入企業向けにセキュリティポリシーや取扱規程のサンプルを公開

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、セキュリティポリシーなど、「BYOD」の導入時に利用できるサンプルを公開した。

BYOD導入にあたり、必要となる規程やセキュリティポリシーを、セキュリティ企業やBYOD導入を目指しているIT関連企業の総務人事担当者、社会保険労務士、弁護士などが、技術面や法律面から検討し、サンプルとして取りまとめたもの。

BYODの導入を検討している企業や、社内規定を整備しないままなし崩し的に導入している企業が、安全なBYOD体制を構築する参考として活用できる。

今回は、スマートデバイス取扱規程、利用許可申請書、利用解除申請書、セキュリティポリシーのサンプルを用意しており、同協会のウェブサイトよりダウンロードできる。

(Security NEXT - 2013/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中規模企業の58%がセキュリティ人材の不足を懸念 - デル調査
小規模企業の約半数でBYOD - セキュリティ対策の甘さ目立つ
BYODへの切替で従業員に15万円支給する実験
2014年のクライアント仮想化率は25.7%、ソリューション市場は9.5%増の4213億円に
Check Point、iOSとAndroid向けソリューション持つLacoonを買収
米Palo Altoと米VMware、FWとMDMの連携ソリューション
モバイルやクラウドの課題はセキュリティ - Dell調査
BYOD禁止でも6割が個人端末を業務利用 - トレンド調査
約6割がBYODを許容、不安は「情報漏洩」 - JSSEC調査
JSSEC、「MAM/MCM利用ガイドβ版」を公開 - ベンダー間で差異ある考え方を統一