Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃で利用される「Poison Ivy」にあらたな攻撃手法 - DLLプリロードを活用

米Trend Microは、サイバー攻撃に用いられるリモートアクセス管理ツール「Poison Ivy」が、「DLLプリロード」を活用するあらたな感染活動を展開していることを明らかにした。

今回同社が発見したのは、正規アプリやファイルと同じフォルダにマルウェアを配置し、起動時にライブラリファイルと見せかけて読み込ませる攻撃。ほかのリモートアクセスツールで、同様の攻撃が確認されているが、「Poison Ivy」でこうした手法が見つかったのは今回がはじめてだという。

同社が確認した「BKDR_POISON.BTA」は、「VMware Network Install Library」の実行ファイルと同じフォルダに自身をコピー。アプリを起動するとマルウェアが読み込まれ、レジストリを変更する。

感染後は、Windowsの起動ごとに自動実行する環境を構築。さらに「Internet Explorer」を非表示で開き、プロセスに不正コードを組み込むほか、ファイアウォールを回避するバックドアを設置する。

また別の攻撃では、Officeが利用する「imeshare.dll」に見せかけたマルウェアと文書ファイルをメールで送り付ける攻撃も確認されている。

こうした手法は、これまでも標的型攻撃で用いられるリモートアクセスツール「PlugX」で見られたという。同ツールは、「Poison Ivy」との関連性も疑われており、「PlugX」で有効性を確認できたことから、実装された可能性があると同社では分析している。

今後、他攻撃ツールやマルウェアが同様の手法をとる可能性があり、注意が必要だという。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス