Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBT、標的型攻撃対策サービス - 感染後の対処や再発防止の支援も

ソフトバンク・テクノロジーは、標的型攻撃に対する現状把握から感染後の対処、対策強化を支援する「標的型攻撃診断・復旧サービス」を提供開始した。

現状を把握するための「マルウェア感染診断サービス」では、企業のシステムがマルウェアに感染しているか診断。さらに「マルウェア対策診断サービス」によって、攻撃を受けた際の対応体制や、感染経路の特定、情報漏洩の有無といった調査を的確に行えるかヒアリングにより診断し、評価結果を報告する。

また実際に攻撃を受けた組織向けのサービスとして標的型攻撃被害復旧支援サービスを用意。

感染PCのハードディスクを複製し、ウイルス検体の候補を静的に検査して感染したウイルスの特定や被害からの早期復旧を支援する。オプションで、感染経路の特定や原因究明のための調査も提供する。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
WordPress向け動画埋込用プラグインにXSSの脆弱性
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
アーカイバ「Explzh」にディレクトリトラバーサルの脆弱性
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都
DV被害者の転居先情報含む書類を紛失、安全確保のため再転居 - 川崎市
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース