Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBT、標的型攻撃対策サービス - 感染後の対処や再発防止の支援も

ソフトバンク・テクノロジーは、標的型攻撃に対する現状把握から感染後の対処、対策強化を支援する「標的型攻撃診断・復旧サービス」を提供開始した。

現状を把握するための「マルウェア感染診断サービス」では、企業のシステムがマルウェアに感染しているか診断。さらに「マルウェア対策診断サービス」によって、攻撃を受けた際の対応体制や、感染経路の特定、情報漏洩の有無といった調査を的確に行えるかヒアリングにより診断し、評価結果を報告する。

また実際に攻撃を受けた組織向けのサービスとして標的型攻撃被害復旧支援サービスを用意。

感染PCのハードディスクを複製し、ウイルス検体の候補を静的に検査して感染したウイルスの特定や被害からの早期復旧を支援する。オプションで、感染経路の特定や原因究明のための調査も提供する。

(Security NEXT - 2013/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か