Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android用偽セキュリティ対策ソフトに注意 - ハードウェアリセットが必要となる場合も

米Symantecは、偽セキュリティ対策ソフトの新種「Android.Fakedefender」を確認した。Android端末をロックし、場合によってはハードウェアリセットが必要になるなど、深刻なダメージを与える可能性があるという。

問題のアプリは、「Android Defender」などとして配布されている偽セキュリティ対策アプリ。インストールすると、実際はウイルスへ感染していないにも関わらず、端末内部より不正ソフトを検出したように見せかけて動揺を誘い、製品の購入を迫る。

同社によれば、Android端末の互換性により、マルウェアが運良く機能しない場合もあるが、同マルウェアをインストールすると、他アプリの起動を妨害され、アンインストールできなくなる場合がある。

さらにシステムの設定が変更され、最悪の場合、工場出荷時データリセットが実行できず、ハードウェアリセットが必要になる場合もあるという。

偽セキュリティ対策ソフトが、パソコンと同様にAndroidにおいても深刻な問題になると同社は予測。インストールすると削除が難しいことから、セキュリティ対策ソフトによりインストールそのものを防ぐことが重要だと訴えている。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止