Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android用偽セキュリティ対策ソフトに注意 - ハードウェアリセットが必要となる場合も

米Symantecは、偽セキュリティ対策ソフトの新種「Android.Fakedefender」を確認した。Android端末をロックし、場合によってはハードウェアリセットが必要になるなど、深刻なダメージを与える可能性があるという。

問題のアプリは、「Android Defender」などとして配布されている偽セキュリティ対策アプリ。インストールすると、実際はウイルスへ感染していないにも関わらず、端末内部より不正ソフトを検出したように見せかけて動揺を誘い、製品の購入を迫る。

同社によれば、Android端末の互換性により、マルウェアが運良く機能しない場合もあるが、同マルウェアをインストールすると、他アプリの起動を妨害され、アンインストールできなくなる場合がある。

さらにシステムの設定が変更され、最悪の場合、工場出荷時データリセットが実行できず、ハードウェアリセットが必要になる場合もあるという。

偽セキュリティ対策ソフトが、パソコンと同様にAndroidにおいても深刻な問題になると同社は予測。インストールすると削除が難しいことから、セキュリティ対策ソフトによりインストールそのものを防ぐことが重要だと訴えている。

(Security NEXT - 2013/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化