Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本産廃処理処理振興センターのサイトが改ざん - 閲覧で偽セキュリティソフト感染の可能性

日本産業廃棄物処理振興センターのウェブサイトが改ざんされ、閲覧により偽セキュリティ対策ソフトに感染する可能性があったことがわかった。

同センターによれば、ウェブサイトに対して外部から不正アクセスが行われ、同サイトの「新着情報」や「お知らせ情報」の一覧ページ、講習会や研修会の関連ページが改ざんされたという。

問題のページを閲覧すると、利用者の環境によっては偽セキュリティ対策ソフトの亜種「TROJ_FAKEAV.SMW3」に感染するおそれがあった。感染すると「System Care Antivirus」が立ち上がり、ほかのソフトの操作ができなくなるという。

同センターでは、5月17日に改ざんされたページの修復をすでに終えており、心当たりがある利用者に対してウイルスの駆除など対策を実施するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2013/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
熊本県のメルマガサイトに不正アクセス - 改ざんや個人情報漏洩が発生
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始