Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド利用時にスマホ経由の情報漏洩は26パターン - 漏洩リスクチェックできる「スマクラガイド」

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、業務クラウドを利用する際に、スマートフォン経由の情報漏洩を防止するための資料「スマクラガイド」を取りまとめ、公開した。あわせて意見も募集している。

今回公開したのは「スマートフォンの業務クラウド利用における、端末からの業務データの情報漏洩を防ぐことを目的とした、企業のシステム管理者のための開発・運用管理ガイド」で、同協会では「スマクラガイド」と略している。

スマートフォンやタブレット端末をクラウドで業務利用を検討している企業や組織のシステム管理者を対象読者として製作。信頼性工学設計で利用されている「フォルトツリー解析(FTA)」を応用して、情報漏洩のリスクについて26パターンに分類しており、セキュリティ対策状況を確認できる。あわせてセキュリティチェックリストも用意した。

ダウンロードは同協会のウェブサイトから。同協会では、今回の公開にあわせて6月21日まで意見募集を実施している。

(Security NEXT - 2013/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催
リソース消費が多いAndroidアプリランキング、GoogleやSamsungが上位に
国内7%がID窃取被害を経験 - 端末の紛失は9%
電子レシート活用実験、3人に2人がポイント対価に個人情報を提供
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害