Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド利用時にスマホ経由の情報漏洩は26パターン - 漏洩リスクチェックできる「スマクラガイド」

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、業務クラウドを利用する際に、スマートフォン経由の情報漏洩を防止するための資料「スマクラガイド」を取りまとめ、公開した。あわせて意見も募集している。

今回公開したのは「スマートフォンの業務クラウド利用における、端末からの業務データの情報漏洩を防ぐことを目的とした、企業のシステム管理者のための開発・運用管理ガイド」で、同協会では「スマクラガイド」と略している。

スマートフォンやタブレット端末をクラウドで業務利用を検討している企業や組織のシステム管理者を対象読者として製作。信頼性工学設計で利用されている「フォルトツリー解析(FTA)」を応用して、情報漏洩のリスクについて26パターンに分類しており、セキュリティ対策状況を確認できる。あわせてセキュリティチェックリストも用意した。

ダウンロードは同協会のウェブサイトから。同協会では、今回の公開にあわせて6月21日まで意見募集を実施している。

(Security NEXT - 2013/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都