Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとセキュアソフトが協業、アジア地域や米国へのサービス展開強化へ

ラックとセキュアソフトは、販売や技術面で協業すると発表した。両社はノウハウの共有も行い、日本国外へのサービス展開も強化するという。

ラックは、今回の協業を通じてセキュリティマネージメントサービス「JSOCセキュリティ監視・運用サービス」の対象機種にセキュアソフトの「SecureSoft Sniper IPS」を追加した。

今後両社は、日本国内にくわえ、海外展開を予定しており、アジア地域や米国などにサービスを展開。ノウハウを融合したセキュリティソリューションの開発やサービスの提供を目指すとしている。

(Security NEXT - 2013/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
東京ガスの料金照会サイトにPWリスト攻撃 - 10万回超のログイン試行
サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - アリアファーム