Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ、認証や時間帯などでAndroidのカメラやアプリを制御する技術 - デモアプリも用意

NTTデータは、スマートデバイスのBYODなどへ活用できる「自動モード切り替え技術」を開発した。同技術を活用したAndroidアプリをGoogle Playで配布している。

同技術は、場所や時間帯、利用者の認証情報をもとに、カメラやネットワーク接続などのデバイス機能や起動できるアプリケーションを制御するもので、BYODにおけるセキュリティポリシーへの準拠や、マルチユーザーによる端末の共有などへ活用することが可能。MDM製品と連携するためのインターフェースも用意している。

デバイス上のローカル認証はもちろん、ワンタイムパスワードやActive Directoryなど複数のユーザー認証に対応。スマートデバイスのホーム画面を自動で切り替えることができ、端末利用者は直感的に利用しているモードを把握できる。

同社では、デモアプリ「Google Play:Autonomous Mode Switcher」をGoogle上で公開。また同技術の可用性や運用面の課題を検証するため、今月よりBYODの社内導入を開始した。

2013年度中に同技術を活用した製品をリリースする予定で、2016年度までに50億円の売上を目指して展開していく。

(Security NEXT - 2013/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
Apple、「iOS 12.1.3」を公開 - 脆弱性31件を修正
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に