Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タオソフト、開発知識不要のAndroidアプリ脆弱性診断サービス

タオソフトウェアは、Androidアプリの脆弱性を診断するウェブサービス「Tao RiskFinder」を提供開始した。

同サービスは、Androidアプリの静的解析を行い、アプリに含まれる脆弱性やセキュリティ上の問題点などを検出するもの。開発知識やソースコードは不要で、アプリケーションファイルをブラウザからアップロードするだけで診断結果のレポートを提供する。

脆弱性のほか、暗号化されていない通信経路、不要なサーバへのアクセス、安全性の低い暗号化ロジックなどセキュリティ上の問題点を検出。また、不要なパーミッションや無駄な機能などをチェックして、マルウェアと誤解されやすい項目や品質に関する項目を検出する。

さらに、総務省の「スマートフォンプライバシーイニシアティブ」に準拠したアプリを作成するための情報を提供。利用者のプライバシー保護を意識したアプリ作成を支援する。

(Security NEXT - 2013/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
リモコン操作に対応したAndroid TV向けセキュリティ対策アプリ
「BlueBorne」の影響をチェックできるAndroidアプリ