Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

hostsファイルを改ざんし、偽Facebookサイトへ誘導するマルウェアが発生

米Trend Microによれば、PCにおいてDNS情報を改ざんし、Facebookのフィッシングサイトへ誘導するマルウェア「TSPY_MINOCDO.A」が、3月下旬ごろより出回っているという。

同マルウェアは、PC内においてDNS情報を管理する「hostsファイル」を改ざんする不正プログラム。「facebook.com」に対して、攻撃者が用意した不正サイトのIPアドレスを割り当てる。

端末の利用者がブラウザなどで「facebook.com」へ接続しようとすると、改ざんされた「hostsファイル」を参照するため、正規サイトではなく、攻撃者が用意した偽ページへ接続される。この攻撃ではドメインを確認しても、偽サイトであるか判断できない。

誘導先のページはFacebookのセキュリティチェックが行えるページを装っており、クレジットカードをはじめとする個人情報を詐取するという。またマルウェアは、外部のDNSサーバにアクセスしており、その挙動からDNSに対する攻撃の準備を行なっている可能性があると同社では分析している。

(Security NEXT - 2013/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
JC3、マルウェア付きメールの送信日や件名を一覧化したページを公開
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス
「NTTコミュニケーションズ」のなりすましメールに注意 - 添付ファイルはマルウェア