Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住民の個人情報を不正に閲覧した職員を停職処分 - 京都市

京都市は、職場の共用端末を使って住民69人分の個人情報130件を不正に閲覧したとして、中京区役所の職員に対し、停職3カ月の懲戒処分を実施した。

2012年2月1日から11月8日にかけて、同市職員が、共用端末を利用して住民69人に関する個人情報130件を業務外の目的で閲覧していたもの。2012年9月、同市へ公益通報が寄せられ、不正が発覚した。

親類や知人の相談を受けたことをきっかけに、介護保険の被保険者資格や要介護認定に関する情報、所得や課税額に関する情報などを私的に閲覧。相談者とは関係ない個人情報も閲覧していたという。

同市では今回の不正に関して、4月1日付けで懲戒処分を実施。同職員を停職3カ月としている。

(Security NEXT - 2013/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員の顧客情報漏洩、金銭目的や強要否定 - 北洋銀
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
従業員が顧客へ他顧客情報を漏洩 - 北洋銀
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
元職員が顧客情報を漏洩、詐欺に悪用か - 百十四銀
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市