Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

すべての企業に影響ある「SNSリスク」の事例や対策まとめたレポート

JPCERTコーディネーションセンターは、法人におけるSNSリスクについてレポートとして取りまとめ、公開した。

同レポートは、国内外におけるSNSが法人にもたらすリスクやセキュリティ対策の現状について調査し、取りまとめたもの。国内のSNS事業者やセキュリティベンダーに対してもインタビューを実施し、法人検討すべき対策を考察した。

SNSは、法人が導入するケースに限らず、従業員が個人的に利用し、トラブルに生じるリスクが存在しており、すべての法人が対策について検討しておく必要があるとレポートでは指摘。従業員の言動によるトラブルを留意すべきリスクとして挙げている。

さらにSNSで公開されている情報が実際に悪用された標的型攻撃や、まったく関係ない第三者が法人を装い、SNS経由で情報発信を行った問題など、実際に起きた事例を解説。

対策として、SNS利用時のガイドラインを取り上げ、国内企業で実際に運用されているガイドラインを紹介するとともに、ガイドラインで規定すべき内容の例を示している。

(Security NEXT - 2013/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に