Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

意図しないクリック操作を許す「クリックジャッキング」 - 対策済サイトは5.3%

00000000_im_001.jpg

情報処理推進機構(IPA)は、ユーザーに本来意図しないクリック操作を行わせる攻撃「クリックジャッキング」の対策が進んでいないとして、ウェブ運営者を対象とした技術レポートを公開した。

同攻撃は、悪意あるページで閲覧したユーザーに画面上をクリックさせることにより、その背後でまったく関係ない別のページをクリックさせる攻撃。

SNSサイトを例にすると、同攻撃により、画面表示ではSNSサイトとはまったく関係ないページを表示しつつ、その画面上のクリック操作をSNSサイトへのクリック操作にすり替えることが可能となる。

そのため、ユーザーに気が付かれないようSNSサイトのプライバシー設定を「非公開」から「公開」に変更したり、「投稿」「退会」ボタンをクリックさせるなど、意図しない操作が行われるおそれがある。

こうした攻撃は、ブラウザ側と不正操作の対象となるウェブサイト側の双方で対策を講じることにより防止することが可能。しかしながら、主要ブラウザにおいて対策が進む一方で、ウェブサイト側では対策が進んでいないという。

同攻撃には、ウェブページにおいて「X-FRAME-OPTIONSヘッダ」を利用することが有効な対策のひとつとされているが、同機構が狙われやすい会員制のウェブサイト56件を対象に調査を行ったところ、対策を実施していたサイトは3サイトのみにとどまった。

同機構ではこうした問題へ対応するため、攻撃のしくみや対策について取りまとめた技術レポートを用意。ウェブサイトの構築や運営に関わる技術者向けに提供している。

(Security NEXT - 2013/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
ADの脅威診断を期間限定で無償提供 - マクニカ
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
工場向けにインシデント訓練サービス - NRIセキュア