Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISA、しゃべるネットワーク警告灯「警子ちゃん4GX」を発売 - 価格もより手ごろに

アイエスエイは、ボディを小型化し、価格も従来製品より抑えたネットワーク警告灯の新製品「警子ちゃん4GXシリーズ」を4月1日より販売開始する。

20130325_is_003.jpg
警子ちゃん4GXシリーズ

同製品は、死活監視や異常検知時にランプや音声などで知らせるネットワーク警告灯。ギガビットイーサに対応し、IPv4とIPv6のダブルスタックをサポートしており、無線LANもオプションで利用できる。

監視機能として「SNMPv3」をサポート。SNMPトラップのバリアブルバインディングとして最大256文字×5の文字列を判定することが可能。複雑な機器構成や監視環境に対応する。

最新版では、オーディオ端子にくわえてスピーカーを内蔵。登録した最大20種類の音声メッセージやブザー音を再生することが可能で、音量も環境に応じて無音から約88dBまで無段階で調整できる。さらに新型の警報ランプを採用し、光量をアップしつつ、ボディの小型化を実現。価格も従来製品より抑えた。

ボディ色はライトグレーとダークグレーの2色で、レンズ色は有色と無色から選べる。ランプ灯数が5灯と3灯のモデルを用意しており、価格はそれぞれ6万8040円、5万7540円。

(Security NEXT - 2013/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
小規模事業所向けにセキュリティGWのMSS - 富士ゼロックス
C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン
SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
ネットワーク内不審通信のレポートサービス - ALSOK
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS