Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISA、しゃべるネットワーク警告灯「警子ちゃん4GX」を発売 - 価格もより手ごろに

アイエスエイは、ボディを小型化し、価格も従来製品より抑えたネットワーク警告灯の新製品「警子ちゃん4GXシリーズ」を4月1日より販売開始する。

20130325_is_003.jpg
警子ちゃん4GXシリーズ

同製品は、死活監視や異常検知時にランプや音声などで知らせるネットワーク警告灯。ギガビットイーサに対応し、IPv4とIPv6のダブルスタックをサポートしており、無線LANもオプションで利用できる。

監視機能として「SNMPv3」をサポート。SNMPトラップのバリアブルバインディングとして最大256文字×5の文字列を判定することが可能。複雑な機器構成や監視環境に対応する。

最新版では、オーディオ端子にくわえてスピーカーを内蔵。登録した最大20種類の音声メッセージやブザー音を再生することが可能で、音量も環境に応じて無音から約88dBまで無段階で調整できる。さらに新型の警報ランプを採用し、光量をアップしつつ、ボディの小型化を実現。価格も従来製品より抑えた。

ボディ色はライトグレーとダークグレーの2色で、レンズ色は有色と無色から選べる。ランプ灯数が5灯と3灯のモデルを用意しており、価格はそれぞれ6万8040円、5万7540円。

(Security NEXT - 2013/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開