Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

有料版「宅ふぁいる便」に送信時のウイルスチェック機能搭載

エルネットは、大容量ファイル転送サービスの有償サービス「宅ふぁいる便ビジネスプラス」にウイルスチェック機能を追加した。

「宅ふぁいる便ビジネスプラス」は、1回に最大2Gバイトまでのファイルを転送できるサービス。今回、ファイル送信時にシマンテックのウイルスチェック機能をあらたに追加した。

チェック結果をファイル送信者にメールで通知するほか、ウイルス感染ファイルを検知した場合は送信を取り消し、ファイルをすべて削除する。

「宅ふぁいる便ビジネスプラス」の月額利用料は525円。送信回数や保存容量など制限なく利用できる。

(Security NEXT - 2013/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ファイル送受信サービス「クリプト便」にファイル共有オプション
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス