Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染のおそれ - 日本郵政グループ会社

日本郵政のグループ会社でダイレクトメールの代行サービスなどを提供しているJPメディアダイレクトのウェブサイトが、一部改ざんされていたことが判明した。閲覧者にウイルス感染のおそれがあるという。

改ざんが発生したのは、ダイレクトプロモーションに関する情報を提供している「How to ダイレクト」のページ。外部から指摘を受けて判明したもので、現在同ページを閉鎖している。

同社では詳細について調査を進めているが、2月18日から27日にかけて改ざんされていた可能性が高いという。問題のページを閲覧すると、ウイルスに感染する可能性があった。

同社では、感染する可能性があったウイルスの種類や対処法などについて、判明次第、サイト上で報告したいとしている。現在は、心当たりがある利用者へ、セキュリティ対策ソフトなどを用いて感染の有無を確認するよう呼びかけている。

また、同社のメール配信サービス経由で約2600通のメールが発信されたという。現段階で改ざんとの関連性はわかっていないが、メールアドレスなど個人情報の流出については否定している。

(Security NEXT - 2013/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出
eコマースのプラットフォームに不正アクセス、個人情報などが漏洩 - バックドアのUIは中国語
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
自転車のネット通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
PWリスト攻撃による不正注文被害 - トイザらス
改ざんサイト経由でマルウェア感染、個人情報流出か - 科学技術振興機構