Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Black Hat」でスピーカーになるポイントを紹介 - FFRI鵜飼氏

フォティーンフォティ技術研究所(FFRI)の代表取締役社長を務める鵜飼裕司氏が、セキュリティカンファレンス「Black Hat」へスピーカーとして参加するためのポイントをブログで紹介している。

同氏は、「Black Hat」において論文を審査するレビューボードのメンバー。同氏は、これまでもインターネット協会が開催するセミナーで講師を務めるなど、セキュリティ研究者や技術者の海外進出を支援しており、今回は個人的な考えと前置きした上で、「Black Hat Briefings」のスピーカーになるメリットやポイントを紹介している。

スピーカーとして登壇するためには、あらかじめ論文を提出して査読を受け、条件をクリアする必要があるが、世界的に注目を集める同イベントで研究成果を発表することは、セキュリティ研究者にとって大きなステータスとなるほか、会場への交通費や宿泊費といった補助もあるとメリットを説明。

さらに同氏は論文について、「研究テーマ」の選定が重要と述べている。「実験」や「調査」以外の未発表の研究成果で、「わかりやすさ」「新規性」「話題性」「技術的革新性」「技術的な実現困難性」がアピールポイントになるという。

同氏は、「Black Hat」において日本人研究者による発表が非常に少ない現状に触れ、「国内のセキュリティ業界にも技術研究を通じてあたらしい技術を生み出し、世界に発信していく力が必要」と指摘。7月末から8月に開催が予定されている「Black Hat USA 2013」の論文受付が開始されているとして、あらたな挑戦に期待を寄せている。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
Cisco、インターポールと脅威情報を共有 - サイバー犯罪対策で
Intelのリモート管理機能に複数の脆弱性 - リモートからコード実行のおそれ
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も