Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、ネットムーブのセキュリティソフト2種をインターネットバンキング向けに提供

日立製作所とネットムーブは提携し、ネットムーブが提供するセキュリティソフト2種を日立のインターネットバンキングサービスで提供開始する。

今回の提携により、ネットムーブのセキュリティソフト「Secure Starter」および「nProtect Netizen」を、日立が提供するインターネットバンキングサービス「FINEMAX」などで提供する。

「Secure Starter」はスマートフォン向けセキュリティアプリ。起動すると自動的にセキュリティチェックを行い、管理者権限の奪取、悪性コードや脆弱性の有無などを確認。安全と判定された場合のみ、インターネットバンキングサービスの利用を許可する。

一方「nProtect Netizen」は、PCから対象となるインターネットバンキングサービスを利用する際に自動的に起動し、PCのウイルスチェックなどを行って安全な環境か確認するソフトウェア。両社は今後、機能強化や、金融機関以外の分野に対するサービス提供についても検討していく。

(Security NEXT - 2013/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
エフセキュア、法人向けセキュリティ対策製品にMac用クライアント
スマホフリック操作でネットバンクの操作を制限 - 三井住友銀ら
日立、FinTechへ金融機関の認証情報提供が不要となるAPI連携サービス
スマホから開設できる印鑑レス口座をスタート - 三菱東京UFJ銀
MSの駆除ツール、拡大懸念される不正送金マルウェア「Gozi」に対応
EMC、リスクベース認証製品に新版 - スマホから不正送金を拒否可能に
中国銀のネットバンクアプリ、iPhoneの指紋認証に対応
マンガ「サイバーセキュリティのひみつ」の電子書籍版が無償公開
楽天銀、利用者向けにマルウェア相談窓口 - 遠隔調査や駆除も