Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

栃木県の雨量水位観測システムにサイバー攻撃 - データ改ざんが発生

栃木県の「とちぎリアルタイム雨量水位観測情報システム」がサイバー攻撃を受け、データベースが改ざんされていたことがわかった。

同県では、観測した雨量や河川水位の情報などを、インターネットで確認できるウェブサイト「とちぎリアルタイム雨量水位観測情報システム」を運営しているが、同システムのデータベースサーバが攻撃を受け、雨量や水位などのデータを閲覧できなくなった。

2012年12月25日、同県の職員がサイトのエラー表示を確認。調査を行ったところ外部からの攻撃が確認されたため、1月25日に特定のIPアドレスのアクセスを拒否するとともに、28日にウェブサイトを閉鎖して対策本部を設置した。

今回の攻撃による個人情報漏洩は発生していない。システムの復旧については、3月末を予定しているという。

(Security NEXT - 2013/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
米信用機関で個人情報1.4億件が流出 - 便乗フィッシング攻撃に懸念
不正アクセス被害の「B.LEAGUE」、4カ月ぶりにクレカ決済を再開
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 医療情報サービス会社
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
ALSI、フィルタリングソフトにトレンド脅威対策製品との連携オプション
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か