Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

栃木県の雨量水位観測システムにサイバー攻撃 - データ改ざんが発生

栃木県の「とちぎリアルタイム雨量水位観測情報システム」がサイバー攻撃を受け、データベースが改ざんされていたことがわかった。

同県では、観測した雨量や河川水位の情報などを、インターネットで確認できるウェブサイト「とちぎリアルタイム雨量水位観測情報システム」を運営しているが、同システムのデータベースサーバが攻撃を受け、雨量や水位などのデータを閲覧できなくなった。

2012年12月25日、同県の職員がサイトのエラー表示を確認。調査を行ったところ外部からの攻撃が確認されたため、1月25日に特定のIPアドレスのアクセスを拒否するとともに、28日にウェブサイトを閉鎖して対策本部を設置した。

今回の攻撃による個人情報漏洩は発生していない。システムの復旧については、3月末を予定しているという。

(Security NEXT - 2013/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
電子書籍作成サービスに不正アクセス、作品が改ざん - ロールバックで一部データが消失
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
「プレミアム・アウトレット」の一部メルマガ会員情報が流出か - 使い回しパスワードに注意を