Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力機構のウイルス感染、関係者リストが外部漏洩した可能性

日本原子力研究開発機構のパソコンがウイルスに感染し、情報が外部へ漏洩した可能性があるとされた問題で、流出した情報に関係者の個人情報が含まれている可能性が高いことがわかった。

2012年11月に同機構の職員が利用するパソコン3台が、メールの添付ファイル経由でウイルスに感染。研究開発活動に関する不正行為の告発関連情報や、コンプライアンス活動の情報などが外部へ漏洩した可能性があるとして、同機構では12月5日に事態を公表し、その後専門家の協力のもと調査を進めていた。

感染した3台のうち1台のPCから、関係者のリストが流出した可能性があることが、今回あらたに判明したもので、氏名や所属、メールアドレスが含まれるという。

また今回の調査で、当初発表した3台以外のパソコンにおけるウイルス感染がなかったことを確認しており、核物質管理に関する機微情報の流出についても、あらためて否定した。

(Security NEXT - 2013/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロナ影響で入学式中止、通知メールで送信ミス - 創価大
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
企業説明会の中止連絡でメール送信ミス - 兵庫県立大
イベントの中止案内メールを誤送信 - 日本財団
新型コロナで講演会中止、案内メールを送信ミス - 台東区
民泊向けコロナ注意喚起メールで送信ミス - 神戸市
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
ノロウイルス食中毒警報メールで誤送信 - 神戸市
セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に