Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東陽テクニカ、米FlukeNetworks製Wi-Fi調査アプリを発売

東陽テクニカは、Android端末で利用できる米FlukeNetworks製Wi-Fi調査アプリ「AirMagnet AirMapper Professinal版」の提供を開始した。

同製品は、AirMagnetシリーズの新ラインナップで、スマートフォン上で動作し、Wi-Fiアクセスポイントから発信されるRF信号強度から、信号伝播状況を実測することが可能。

さらに信号強度の測定にくわえ、指定したアクセスポイントを経由するルートのスループット測定できる。また収集したデータを別売りの「AirMagnet Survey Pro」で利用し、解析やレポート作成が行える。価格は、10万2900円。機能を制限したフリー版を用意している。

(Security NEXT - 2012/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS