Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの一部が改ざん、学生やイベント申込者の個人情報流出も - 大阪府立大

大阪府立大学の関連サイトが改ざんされ、学生やイベント申込者のべ1127人の個人情報が流出したことがわかった。

改ざんされたのは、同大の「子育て教育系キャリア・コラボ力育成事業」に関連するウェブページ。10月23日に学生から連絡があり確認したところ、サイトの一部ページが改ざんされていることがわかった。改ざんされた部分にはアラビア文字が含まれていたという。

また、学生用ページに登録された学生のべ946人の氏名、学部、メールアドレス、およびイベント申込者のべ181人の氏名、住所、メールアドレスなどの流出も判明。同事業推進室を発信者とするアラビア文字で記載されたメールも23日に学生に対して送信されている。

管理画面から侵入されたもので、ウェブサイトを閉鎖。同大では原因を調べており、結果を踏まえて再発防止策に取り組む。また今回改ざんされた同サイトは学外のサーバを利用しており、学内のサーバについては影響はないと説明している。

(Security NEXT - 2012/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ