Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、犯罪予告マルウェアの専用削除ツールを提供

トレンドマイクロは、遠隔操作により犯罪予告に利用され、感染PC所有者の誤認逮捕にもつながったマルウェア「BKDR_SYSIE.A」を駆除できる専用ツールを無償で提供している。

同ツールは、パソコンへ「BKDR_SYSIE.A」が感染しているか確認し、感染端末から同マルウェアを駆除できるソフトウェア。同社ウェブサイトより無償でダウンロードし、利用することができる。

同社は、今回問題となった「BKDR_SYSIE.A」に関して大規模な感染活動は見られないとしつつも、同プログラムをはじめとするバックドアは、感染すると被害者となるだけではなく、第三者へ被害を与えてしまう可能性もあると危険性を指摘。

OSやアプリケーションを最新版へアップデートし、出所がわからないソフトウェアのインストールを避けたり、見知らぬ送信元のメールにあるURLへアクセスしないなど、基本的なセキュリティ対策を心がけるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE
公衆無線LAN利用者や設置者向けに手引書 - 脅威や対策を解説
PC遠隔操作事件、懲役8年の実刑判決
無線LAN の「ただ乗り」、「する」も「される」いずれも危険 - IPA注意喚起
遠隔ウイルスの犯人情報募集でFacebookページ - 「いいね」1000件超
「犯行予告ウイルス」事件の情報提供に最高300万円の報奨金
企業や組織の1割が「Tor」利用、潜在する情報漏洩リスク - パロアルト調査
自己消去で証拠隠滅するウイルス、早期のフォレンジックが有効
「犯罪予告ウイルス」のコードに日本語文字列 - ネット上のサンプルコードを参照か
警察庁、遠隔操作ウイルスの被害防止を呼びかけ