Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe、Flash Playerの脆弱性25件を修正 - 悪用で制御奪取されるおそれ

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を解消する「Adobe Flash Player」のアップデートを公開した。脆弱性はAndroidを含む幅広いプラットフォームに存在し、悪用されると端末を乗っ取られるおそれがある。

影響を受けるバージョンは、WindowsやMac OS Xにおける「同11.4.402.278」をはじめ、Linux「同11.2.202.238」、Android端末向けに提供している「同11.1.115.17」および「同11.1.111.16」。これらより以前のバージョンにも脆弱性が含まれる。

今回のアップデートでは、あわせて25件の脆弱性に対処。脆弱性が悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、攻撃者に端末の制御を奪われる可能性がある。

同社では、WindowsおよびMac OS Xに対して「同11.4.402.287」、Linux向けに「同11.2.202.243」を用意。Androidに対しては「11.1.115.20」「11.1.111.19」を提供する。

同社は、Windowsに対して適用優先度を3段階中もっとも高い「優先度1」に設定。脆弱性が攻撃対象となる可能性が高く、72時間以内を目安にできるだけ早くアップデートを適用するよう推奨している。またMacを次に高い「優先度2」、その他プラットフォームについては「優先度3」にレーティングした。

アップデートは、Adobe Flash Playerダウンロードセンターより入手できるほか、Windowsでは、「同11.2」、Macでは、「同11.3」以降であれば、自動アップデート機能によりインストールすることが可能。Android版に関しては、新規提供がすでに終了しており、8月15日以前に導入済みのユーザーに限って提供される。

また「Chrome」や「Internet Explorer 10」にビルトインされている「Adobe Flash Player」については、各ブラウザのアップデートで修正する予定。また「Adobe AIR」向けにも修正版を提供している。

(Security NEXT - 2012/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開