Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマホバッテリー浪費の裏にアドウェアの存在

米Trend Microは、スマートフォンのバッテリーを消費する原因のひとつとして、広告表示する無料アプリやアドウェアの存在を挙げている。

同社は、米国パデュー大学とマイクロソフトによる研究成果を引用し、無料アプリの消費電力のうち65%から75%が、端末上に表示される広告が消費しているとして、特定アプリがバッテリーに与える影響について指摘。

さらに8月よりAndroid端末を狙ったアドウェアの増加を同社では観測しており、こうしたアプリは個人情報を収集するといった問題だけではなく、バッテリーの寿命を縮める危険性があると説明している。

同社は、導入するアプリの必要性や許可する機能について確認したり、Android端末に標準で装備されたセキュリティ機能を活用はもちろん、セキュリティ対策ソフトやサービスを活用を呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
PCカメラでの盗撮を物理的に防御、スライド式カバーが発売
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
広告機能のみのアプリが「Google Play」で流通 - 紹介ページにある魅力的な機能はデタラメ