Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリ情報サイトが身元確認など不正アプリ防止対策を実施

Androidアプリの情報サイト「アンドロイダー」は、不正アプリ防止対策に配慮したアプリ情報サイトを10月1日より展開する。

あらたな取り組みとして、身元確認を行った開発者のアプリのみを提供する公認デベロッパー制度を独自に展開。登録の際、個人の場合は身分証明書の提出と電話または郵送による本人確認を実施。法人に対しても、電話または郵送による確認を行うという。

また公認デベロッパーにより開発されたアプリに対しても、ウイルスチェックやパーミッションチェックを行うほか、サイト登録者の推薦などを公開の条件にするという。

(Security NEXT - 2012/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
「Photoshop」などAdobe複数製品に深刻な脆弱性 - アップデート公開
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応