Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリ情報サイトが身元確認など不正アプリ防止対策を実施

Androidアプリの情報サイト「アンドロイダー」は、不正アプリ防止対策に配慮したアプリ情報サイトを10月1日より展開する。

あらたな取り組みとして、身元確認を行った開発者のアプリのみを提供する公認デベロッパー制度を独自に展開。登録の際、個人の場合は身分証明書の提出と電話または郵送による本人確認を実施。法人に対しても、電話または郵送による確認を行うという。

また公認デベロッパーにより開発されたアプリに対しても、ウイルスチェックやパーミッションチェックを行うほか、サイト登録者の推薦などを公開の条件にするという。

(Security NEXT - 2012/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も