Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「副収入」で主婦層を狙うAndroidマルウェア

シマンテックによれば、家事や育児に追われる主婦層をターゲットとしたとみられるAndroidマルウェアが出回っているという。

同社が8月に入って確認したもので、スパムメールでありがちな「仕事紹介サイト」に見せかけた不正サイトへ誘導。「子育てや家事を行いながら自宅でメールするだけで簡単に副収入が得られる」などと騙し、トロイの木馬「Android.Loozfon」をダウンロードさせる。

また「裕福な男性を紹介する」などと説明する別の手口でも攻撃も展開。メール上のリンクをクリックさせることで、不正アプリをダウンロードさせていた。

問題のアプリは、端末上で「当たるかな??」という関係ない名称で表示され、起動すると端末内のアドレス帳の情報が盗み出されるおそれがあるという。

今回の攻撃を確認したシマンテックでは、ソーシャルエンジニアリング手法は多岐にわたり、注意点を見極めるのは容易ではないと指摘。メールに掲載されたリンク先からアプリをインストールする場合は十分に警戒するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる