Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

13店舗で帳票1万1960件の紛失が判明 - 八千代銀行

八千代銀行は、13店舗で「預金申込書」をはじめとする帳票約1万1960件を紛失していたことを明らかにした。

7月に全店で帳票の点検を実施したところ、2009年に申し込みがあった「預金申込書兼キャッシュカード申込書」1627件をはじめ、25種類の帳票を紛失していることが判明したもの。件数はあわせて約1万1960件にのぼると見られており、帳票には氏名や住所、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、いずれも保管期限が経過した書類とともに廃棄した可能性が高いとしており、関連する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2012/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

即売CDの予約票控えを紛失、配送できない状態に - ローソン子会社
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK
決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市