Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

13店舗で帳票1万1960件の紛失が判明 - 八千代銀行

八千代銀行は、13店舗で「預金申込書」をはじめとする帳票約1万1960件を紛失していたことを明らかにした。

7月に全店で帳票の点検を実施したところ、2009年に申し込みがあった「預金申込書兼キャッシュカード申込書」1627件をはじめ、25種類の帳票を紛失していることが判明したもの。件数はあわせて約1万1960件にのぼると見られており、帳票には氏名や住所、口座番号、取引金額などが記載されていた。

同行では、いずれも保管期限が経過した書類とともに廃棄した可能性が高いとしており、関連する問い合わせなども寄せられていないという。

(Security NEXT - 2012/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし