Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭が児童が写った運動会練習風景をTwitterに掲載 - 大阪市

大阪市は、市立小学校の教諭が、児童が写っている写真2枚をはじめ、業務情報を私的にTwitterへ掲載していたと発表した。個人情報漏洩にあたるとしてデータは削除されている。

同市によれば、教師が運動会のダンス練習風景を撮影し、画像2枚をTwitter上へ投稿していたもの。1枚には児童13人、もう1枚には14人が写っていた。6月19日に他校の職員から同校の校長に指摘があり問題が判明した。

同月26日に投稿した教師に聴き取り調査を実施。それ以外にも漢字プリントを写したものなど業務に関連する内容の投稿が12回わたり行われているとして、教育委員会では同校に詳細な調査やデータの削除を指示。データの削除は、教諭の個人的な事情などもあり、7月20日までかかったという。

同市教委は今回の問題について、投稿した教諭がパスワードにより特定の会員のみ閲覧できるから投稿してもよいという誤った認識を持っていたことが、事故の原因と説明。同校では対象となる児童宅を家庭訪問して謝罪した。

同教委では、今回の問題を受けて全教職員に個人情報管理の徹底を求めるほか、勤務時間に掲載したことやデータ削除などの対応が遅れたことに問題があるとして、処分を検討している。

(Security NEXT - 2012/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
InterFMに不正アクセス、リスナーの個人情報が流出 - Twitter上への投稿で判明
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
KDDIを装う「緊急速報」メールに注意 - auが呼びかけ
ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
研究者のTwitterアカウントなどが乗っ取り被害 - PW使い回しが原因か
フィッシング対策協議会、サイト改ざんについて中間報告 - 原因特定できず
ランサムウェア「Petya」の復号化キー作成ツールが公開